活動報告

2024年4月-2025年3月


【神奈川天台仏教青年会創立50周年記念法要並びに記念祝賀会】

日時:令和6年4月11日

場所:福昌寺・新横浜グレイスホテル

 

令和6年4月11日(木)に神奈川天台仏教青年会創立50周年記念法要が川崎市の福昌寺様に於いて、記念祝賀会は新横浜グレイスホテルにて開催されました。

 

神奈川教区宗務所長 加藤浩照様をはじめ、神奈川天台仏教青年会歴代会長の見守るなか、飯沼会長を導師として会員一同皆で、記念法要を厳修致しました。

法要後には、長年にわたり当会に対しご支援頂いております株式会社蓮華堂様に、神奈川教区宗務所長より感謝状が贈呈されました。

 

記念祝賀会においては教区内諸大徳はじめ、天台仏教青年連盟役員の方々、各教区の仏教青年会代表者、約100名に御出席頂き、創立50周年の節目を一緒に迎える事ができました。

記念祝賀会では神奈川天台仏教青年会のこれまでの歩みをまとめた映像が流れ、歴代会長の代表者から50周年への熱い思いが語られました。

 

諸先輩方からつないで頂いた、この50年間の御勝縁を大切にし、天台僧として次世代へ受け継ぐべく、心新たに仲間と共に手をとりあい、護寺発展に日々精進して参ります。

 

記念法要、記念祝賀会にご出席いただいた皆様、誠に有難う御座いました。


【能登半島地震ボランティア活動】

 

5月13日〜15日にかけて、天台宗防災士協議会並びに各教区の仏教青年会会員の有志で、石川県珠洲市において能登半島地震のボランティア活動を行いました。

 

今回の活動は、翠雲寺様や周辺の家屋での瓦礫撤去、災害ゴミの搬出等が主な内容でした。

本堂をはじめ建物の損壊は激しく、周辺の家々も地震や津波による爪痕が残っている状況でした。

 

金沢市等からのアクセスが3時間以上かかり、未だ個人ボランティアの受け入れができない状況等も相まって、人手が全く足りていないというのが現状です。

 

来月もまた活動予定があります。

微力ながら復興の一助となれば幸いです。


            仏法興隆花まつり千僧法要-和の集い 平和の祈り-

日時:令和6年4月26日

場所:奈良県東大寺

 

4月26日に仏法興隆花まつり千僧法要が奈良県東大寺において厳修されました。

全日本仏教青年会が主催の本法要は、コロナ蔓延期間中も人数制限などを行いながら継続されましたが、本年よりは制限無く国内宗派各仏青などより数百名の会員が参集しています。

平和と人々の心の救済を祈念して36年前に初まった青年僧の祈りは、世界の和となるよう現在に受け継がれています。

 

仏法興隆花まつり千僧法要は下記の参加団体に寄って行われました。

 

主催:全日本仏教青年会

共催:東大寺、南都二六会

協力:天台仏教青年連盟、金峯山青年僧の会、和宗仏教青年連盟、全真言宗青年連盟、全国浄土宗青年会、融通念佛宗青年会、臨済宗青年僧の会、全国曹洞宗青年会、全国日蓮宗青年会、埼玉県仏教青年会、神奈川県仏教青年会、大阪府佛教青年会、(一社)神戸青年仏教徒会、奈良県曹洞宗青年会


       [令和6年度第1回定例代議員会]

 日時:令和6年4月25日

場所:天台宗務庁会議室

 

令和6425日、令和6度第1回定例代議員会が天台宗務庁にて開催となりました。

各教区から代議員24名連盟役員他11名オブザーバー10名計45名の参加となりました。

ご来賓として阿部昌宏宗務総長、柴田真成社会部長にご挨拶を頂きました。

そして本会議では、杉谷連盟代表の『任期2年間という短い時間の最後の1年間となるので仏教青年同士の協力で天台宗が盛り上がる事に繋がる取り組みをして行きたい』というご挨拶がございました。

先ず常任委員会を行い、各委員会の報告。

議案審議では

令和5年度事業報告、各種会計報告の議決。

令和6年度事業計画案・特別計画案、一般会計予算案・特別会計案の審議を行い、全て可決されまして議事が滞りなく終了致しました。

最後に角本顧問より、色々な発言があり各々が仏教青年会の事を真剣に考え、より良くしようという思いが大変よく伝わったとお言葉を頂戴しまして、本会議が終了致しました。